はるには

俳句と着物と好きなもの

怒って揺られて日が暮れて第四話と五話@大河ドラマ『青天を衝け』第四話・第五話感想

水戸藩上屋敷の門 俳句提出の締切に追われていたら、感想アップまで出来ませんでした( ;∀;) 昨日ようやく一段落したァ!! 着物で吟行したーい♪とか言ってる場合じゃなかった。 ギリギリすぎた。 というわけで今晩の放送が始まる前に感想行きまーす! NHK抜…

推し活(慶喜を将軍にする活動)もはじまりつつある第三話@大河ドラマ『青天を衝け』第三話「栄一、仕事はじめ」感想

藍染昨日からようやく家でも観られるようになった~!ただオンデマ契約だと紀行は見られないのかな~( ;∀;) 今回は俳句の締切に追われてるので、ざっくり感想! 来週末は久々に着物で吟行したいなあ(о´∀`о)水戸藩にも想いを寄せながら近所の梅を訪ねよう!

慶喜の慶喜っぷりに早くも踊らされている第二話@大河ドラマ『青天を衝け』第二話「栄一、踊る」感想

こんにちは徳川家康です@徳川ミュージアムうっかり録画を失敗してしまったので、土曜の再放送待ちました( ;∀;) 初回直後はテレビ壊れるし( ;∀;)なので初回はスマホで見逃し配信を、第二話は実家で視聴(しかし録画ミスる)という波瀾のスタート( ;∀;)初…

水戸家カンタービレ開幕!幼少期の可愛さに何か目覚めそうになった危険な第一話@大河ドラマ『青天を衝け』第一話「栄一、目覚める」感想

弘道館正門大河ドラマ『青天を衝け』、始まりましたね~! ここしばらくは俳句にかじりついていたのですが、元は慶喜公&幕末~近代の水戸家オタクだったので、わーい楽しみ~って第一話を観たら、オープニングやら何やら、史実がうまいこと入ってたり、ツボ…

舞台と映像版のオタクが映画CATSを観てきた

■はじめに 色んな意味で話題になっている、映画『CATS』を観てきたので感想を書きました。 自分のスペックは、舞台は五反田時代に通い(でもトータル20数回くらいしか観てなかった。学生割引や返還席にお世話になりました…!あとジェリクルギャラリー好きだっ…

春の山屍をうめて空しかり (虚子の句鑑賞)

…というタイトルなので、春のうちに更新したかったのにー!! 着物と吟行に夢中になってたら、あっという間に夏になってました!早ーッ! 着物、ずっと気になってた東京のアンティークのお店やさんのイベントに行ってきました。ドラマに衣装提供していた着物…

秋桜子と素十から見た「虚子」

お久しぶりです。もう2月終わりとか嘘でしょ…?ってなってます。 週末に着物着てぶらぶらしてました。そうしたら1ヶ月が過ぎていた。早い。早すぎる。 2月に水原秋桜子の『高濱虚子 並に周囲の作者達』が文庫版で発売されましたね!電子書籍版もあったので…

続・虚子と碧梧桐楽しい温泉旅行 (碧梧桐『湯河原日記』より)

一月もあっという間に過ぎていきますね。 寒さもピークですが、昨日散歩をしていたら、椿のつぼみが膨らんでいたり、梅の花が咲き始めていたり。春が確実に近づいてきている~!と嬉しくなりました。 先日、結社の初句会&新年会に参加してきました。今回は…

初空や大悪人虚子の頭上に (虚子の句鑑賞)

あけましておめでとうございます。「初空や大悪人虚子の頭上に」(高浜虚子)新年で思い出す句のひとつ。お正月ののんびりした空気にいきなりの「悪人」。 しかも悪人って虚子本人?えっどうした?正月からキョシった何かあった?!って驚きもします。今回は、…

虚子と碧梧桐楽しい温泉旅行 (虚子『湯河原日記』より)

明治36年の正月に書かれた、虚子の「湯河原日記」。 アラサーの頃の虚子、碧梧桐、四方太の三人(といいつつ、碧梧と虚子の二人行動が多い)で、わいわいやっているのが、何だか可愛かったので抜粋してみました。(漢字は新字体使用)

俳句にハマった話

はじめまして。 ここ1年くらい俳句にどっぷりとハマっています。俳句って面白そうだ!と思ってから、句作を始め、結社に所属するまで半年足らず。自己紹介を兼ねて振り返ってみました。